48時間連続再生可能カナル型bluetoothワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

Amazonの欲しいものリストに入れておいた商品がタイムセール中とのメッセージがあったので、早速注文して購入しました。なかなか良い商品でしたのでレビューとやらを。

スペック・使用など

  • 長時間連続使用可能:ブルートゥースカナル型イヤホン、bluetooth4.2、500mAの大容量バッテリが内蔵されており、充電時間は約3時間で、最大48時間の連続再生、56時間の連続通話、365日の連続待機を実現。IOSデバイスと一部のAndroid携帯電話に接続した場合は、バッテリ残量が表示されます。
  • 金属製スピーカユニット+ CVCとDSP騒音低減:ワイヤレスイヤホンの感度が99dbに達しており、低音が力強くて、耳に迫力のあるサウンドを送り届け、両耳ステレオにより、明るくて独特な音を実現。また、最大音量にしても聴力を損傷させないように、新たな処理技術を用いたチップが内蔵されております。
  • 磁気吸引機能付き:ジョギングや激しい運動をしている時にも、耳にピッタリフィットし落ちないようにするため、ワイヤレス ヘッドホンを斜めに耳に装着する一体化デザインを考案。イヤホンのヘッドに磁石が内蔵されているため、使わない時は、ネックレスのように首にかけると、見た目もお洒落で、持ち運び出来るのでとても便利です。
  • IPX6防水及び接点充電:あらゆる方向からの噴流水をしっかりと防ぎ、雨や汗による損傷は心配無用。(注意::水に浸さないで下さい)。接点充電なので、充電口に水が入り込む心配がなく、より安心して充電できます。
  • 対応機種:機能搭載の各種デバイスに対応。Apple iPhone7 / iPhone7 Plus/ i Phone SE / iPhone6s / iPhone6s Plus / iPhone6 / iPhone5s等、iPhone各機種、iPad Pro / iPad Air / iPad mini等iPad各機種、iPod各機種、Sony Xpeira,Google Nexus,Samsung Galaxy,Asus,Fujitsu,Huawei等Android各機種、Windows,Mac搭載PCなど。
  • Bluetooth規格:Bluetooth4.2,HSP、HFP、A2DP、AVRCP
  • チップセット:CSR8645
  • 通信距離:10m
  • リチウムポリマー電池:3.7V/500mA(250mAHが2つ搭載)
  • 再生時間:約48時間(音量が60%にて48時間再生できます)
  • 連続通話:約56時間
  • 充電時間:約3時間
  • 待機時間:約365日

パッケージやその他写真や感想・レビュー

中国製だと思われる独特の漢字表記の外装もきれいで予定通りに到着。

▼コントロールスイッチ類です。真ん中のボタンが電源ON/OFFスイッチ。接触誤作動防止のためか、ほんのちょっと長めに押すのがコツみたいです。

最初の電源投入時は、bluetoothのペアリングを行うので、自身のスマホのbluetoothをオンにして、イヤホンの電源を入れます。十数秒ぐらい時間がかかりましたが、ペアリングも自動で、手持ちのスマホに「Q5」と出たのを有効にして簡単に繋がりました。

その後は電源ON時は、イヤホンから愛想のないおネェさんの声で「Power On, Connected」、電源オフの際は「Power Off」とお知らせをしてくれます。

【+/-】ボタンは、チョイ押しでボリュームの上下、長押しで1曲スキップ/1曲バック

▼コントロールスイッチの裏側が充電器との接点になっています。

▼充電器側です。上写真の接点部分と充電器側の接点を合わせます。充電器側の曲線がコントロールスイッチの曲線と会うようになっています。

白いケーブルは付属していません。充電器側はMicro-USBの雌側になっていますので、ケーブルでUSBからMicro-USBに変換して接続しています。ダイソーのコードで十分です。

▼カナル型イヤホン部。大小2種類のパッドが付属されていますので、耳に合わせてお好みで使えます。

私は、朝夕の通勤バスの中で主に使用しています。

片道1時間弱ですので、「48時間連続再生」ということであれば、ほぼ月1回充電で良い計算になります。自然放電もあるでしょうし、営業的な謳い文句である程度話を盛っているかもしれませんが、私は週末の休日は使用することがないので充電しています。十分なバッテリー容量で安心です。今のところ電池不足で不安になることすらありません。

ただ、あまりにも充電器が小さいので無くさないかと心配ですが、家でしか充電しないので今のところ充電器をアチコチ持ち歩くことはありませんので問題ないかと思います。

重量が思っていたよりも軽いです。料理用の計量器で重さを計ったら32gでした。これは軽い。首に掛けずに顎下に垂らしておくだけでも重くないので違和感がありません。首にかける方がイヤホンのコードがちょいちょい頬や首に当たるので気になることがあります。

音質は、カナル型だけにしっかりと耳内を密閉してくれて重低音がしっかり感じられて迫力があります。3,000円以内で、値段の割には音質は悪くないと思います。

カナル型イヤホンは耳内での密閉性が高く、音漏れが少ないので、私のような通勤電車やバスで使用するには、クレームで刺される心配も少なく安心ですよね。

イヤホンの選び方 - カナル型とインナーイヤー型イヤホンの違い
いざイヤホンを買おうと思って色々物色していたら、イヤホンでもいろんな種類があって、同じような形状をしているのに価格が安いものから高い...

音楽再生中に電話の着信があると、電源ボタンをチョイ押しで電話に出ることができますし、長押しで着信拒否ができます。

簡単な日本語説明書あります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました